• トップ

通信制高校校ならではの学風

通信制高校は自分に合った学風を

通信制高校の入学から卒業まで

通信制高校とは、「通信によって高校教育を学習し、高校卒業資格を得る」事の出来る高校です。おすすめな点としては、一人一人に合ったペースで学習していくことができる事ができます。ですから社会人や高校中退、いろんな理由で今の高校では卒業が困難な人(不登校や発達障害による学習困難)など多岐にわたる人達が在籍していますので、学風も多岐にわたります。通信制高校は2学期制、単位制の場合が多いため、入学式は4、10月に行い、新入生募集は3、4、8、9月が多いようです。また転入や編入は随時募集がほとんどです。また在籍は3年以上ですが、単位制であれば自分のペースでの学習が可能ですので、期間はあまり気にせず、気長に根気強く単位を取得していくことをおすすめします。それでは通信制高校の仕組み(ここでは現在主流である単位制)について説明していきます。まずは学習の主軸を担うレポート。通常は自宅で教科書で学習し与えられた課題をレポートにして郵送、添削指導を受けますが、現在はインターネットを利用しもっと簡単で早いシステムが導入されている場合が増えてきました。次はスクーリングと呼ばれる面接指導。これは学校に登校し、直接先生から指導を受けることを指します。これは大体1から2回/月が平均的ですが、毎日登校に近いところもあり、学風によりかなり違いがあります。通信制高校は自主学習が基本ですから、途中で挫折してしまう事も多いのが現実です。ですから自分に合った学風の学校を選ぶことをおすすめします。

通信制高校の基本情報

新着情報

↑PAGE TOP